出産するということ

出産して一番感じるのは、両親への感謝だ、という声をよく耳にします。 とくに女性は、10か月必至で守った大きなお腹、死ぬかも知れないというほどの痛みを伴った出産、という経験を通じて、 産み落としてわが子を手にした瞬間に、自分がこの世に生を受けたことに感謝し、母親への尊敬がより大きくなることでしょう。 育児がはじまる前に、女性は自分の母を想うことで、母親として覚悟が十分定まっていますが、 パートナーは男性であり、毎日側に居たからといって、同じ痛みや苦しみを感じられたわけではありません。 出産の瞬間、親になったんだと強く感じるのは女性だけの特権です。

パートナーが、必ずしも自分と同じ気持ちだとは思わない方が良いでしょう。 しかし、心配は要りません。 毎日の夜泣き、おしめを替え、お出かけもロクにできず、自分より子供優先!という日々を通して、 男性自身もだんだんと自分が親になっていき、両親の気持ちや女性の気持ちを心底理解できるときが来ます。 すると、産まれたばかりとは見違えるほど、父親らしくなっているはずです。 女性とは時間差があるかも知れませんが、出産という感動的な経験をパートナーと共有することで、 その後の生活を通じながら、より“家族”という絆を深めることでしょう。 出産は、奇跡的で、本当に素晴らしいものです。

しかし、女性にとっては、出産を機に人生が変わる、といっても過言ではありません。 次ページでは、産後の変化の一例を挙げていきます。 産後の生活がより楽しく、晴れ晴れとした気持ちで送れるよう、現実的なイメージトレーニングのお手伝いができればと思います。

身体の変化について

まず想像できるのは、身体の変化でしょう。 産後すぐに体型が戻る、というのは大間違いで、下っ腹あたりがポコンと出た状態が数か月は続きます。 ウエストをきれいに保つのに重要な役目を担う腹直筋が、10か月の妊婦生活・・・

>> 詳細はこちら

気持ちの変化について

そして、気持ちの変化です。 母となり、わが子との時間を過ごせて幸せだ、と感じられるのはもちろんですが、 100%子育てに専念できる母は、キャリアを持つ女性が多い今の時代、どのくらいいますでしょう・・・

>> 詳細はこちら